原産地:中国(china)  [バラ科]

桃の品種には山梨県・福島県などの日川白鳳・本白鳳・浅間白桃・一宮白桃・川中島白桃・あかつきなど果皮が赤い桃と、岡山県・香川県などの本白桃・清水白桃・白麗など果皮が白い桃、山梨県・長野県・福島県などの黄貴妃・黄金桃など果皮が黄色の桃があります。黄金桃などの黄色い桃は果肉も黄色の黄桃種です。
日本の桃の元祖は岡山の白桃で、この白桃を改良して白鳳や浅間白桃・あかつきなどの多彩な品種が誕生しました。1つ1つ袋をかけて育て太陽の光を直接浴びない桃は赤く色づかず、収穫期前に袋を外し太陽の光を当てると赤く色づきます。

選び方
果皮の表面にうぶ毛が生えふっくらと丸みをおび、赤みが全体的に回っているもので甘い香りを放っているもの。さわった場所から変色していくことがあるので手であまりさわらないほうがいいでしょう。
保存方法・食べ頃
風通しのいいところに置き、常温で保存しましょう。かたいものは、紙(キッチンペーパーなど)に包み常温で保存し柔らかくなったら冷蔵庫(野菜室がおすすめ)で2~3時間冷やすとおいしく召し上がれます。冷やしすぎると甘みがおちますので気をつけましょう。
食べ方
桃は、枝についていた側よりも花落ちの部分(花落ち)のほうが甘味が高くなる傾向がありますので、カットするときは、縦にくし型に切ると甘みが偏りません。
桃は、ビタミンC、カリウム、食物繊維、ナイアシンなどバランスよく含まれています。また、ポリフェノールの一種である、カテキンも含まれています。桃の葉にはタンニンなどの成分が含まれています。
  • はしり
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                                                                       
  • 日川白鳳

    白鳳の枝変わり。7月上旬頃より出回る品種。繊維質が少なくしまった果肉は、ほどよい酸味と甘みのバランスがマッチしています。

  • 白鳳

    「白桃」と「橘早生」を交配して誕生しました。7月中旬頃より出回る品種。緻密で繊維質の少ない果肉は、果汁も多くなめらかな舌触り、甘みが強く酸味が少ないのが特徴です。

  • 黄金桃

    果皮も果肉も上品な黄色をした黄金桃。しっかりとした果肉は緻密で、濃厚な香りと甘み、ほどよい酸味が味わえます。

  • 岡山白桃

    中国から入った『上海水密桃』を改良して生まれた白桃です。果肉は、ほんのりうすいピンクをさしたような美しい色で、しっとりとしてなめらかな舌触りです。口にいれますと、果汁が滴る甘でうっとりします。

  • あかつき

    「白桃」と「白鳳」を交配して誕生しました。7月下旬頃より出回る品種。甘みが強く、歯ごたえがある果肉は緻密でしっかりとしています。

  • ネクタリン

    うぶげが無くツルッとした美しい赤色の果皮です。黄色い果肉はしっかりとしていて甘酸っぱい美味しさが特徴です。