歴史

新宿高野は明治18年(1885年)、「高野商店」として創業以来、「お客様に安心しておいしいものを召し上がっていただきたい」という思いから、最高の美味しさと品質を求め続けてまいりました。新宿高野はより高品質で美味しいものへのこだわりはもとより、皆様の素敵なくらしのよきパートナーでありたいと考えております。

1885年~創業

1885年 明治18年
初代髙野吉太郎が現在の新宿駅ビルあたりに、繭仲買・中古道具を本業とし、果実を副業とする商店を創業。

1900年~

1900年 明治33年
果実問屋 高野商店の看板を掲げ果実を本業とする専門店を経営。
1920年 大正9年
二代目髙野吉太郎を襲名。同年、マスクメロン販売開始。
1921年 大正10年
現在の本店立地へ移転。果実、缶詰等を扱う。フルーツパーラーの前身“縁台サービス”開始。
1926年 大正15年
洋風建築に改装し、フルーツパーラー設立。
1933年 昭和8年
合資会社高野商店設立 果実・洋酒・缶詰の販売、喫茶・レストランの経営。
1937年 昭和12年
地上3階・地下1階建ての鉄筋に新装。
1945年 昭和20年
第二次世界大戦の大空襲により本店ビル被災、営業全面停止。
1947年 昭和22年
果実部門から営業再開、株式会社タカノを設立。

1950年~

1952年 昭和27年
製菓室を設け、ケーキ類を製造。
1953年 昭和28年
貿易部を設置パイン缶、レモンなどを直輸入。
1956年 昭和31年
三代目髙野吉太郎を襲名。
1959年 昭和34年
レディースファッション業界へ進出。
1963年 昭和38年
フルーツ、フード、パーラー部門のチェーン展開、都内1号支店オープン。
1969年 昭和44年
株式会社新宿高野設立、本店ビル「フレッシュターミナル」(地上8階・地下4階)竣工。
1971年 昭和46年
ファッション部門のチェーン展開。
1972年 昭和47年
新宿本店前、土地評価額で日本一となる。
1974年 昭和49年
オリジナル商品の充実を目指し、狛江食品工場落成。
1980年 昭和55年
新宿本店ビルを大改装。
1981年 昭和56年
フルーツ・フード部門、北海道地区1号支店オープン。
1987年 昭和62年
杉並食品工場落成。
1988年 昭和63年
フルーツ・フード部門、関西地区1号店オープン。
1995年 平成7年
新宿本店フードフロア大改装。
1999年 平成11年
ファッション部門クローズ。

2000年~

2002年 平成14年
さらにタカノ独自の食品を追求するために、府中食品工場落成。
2005年 平成17年
四代目髙野吉太郎を襲名。
2006年 平成18年
新宿本店 フルーツギフトフロア、フーズフロア大改装
2008年 平成20年
戸田物流センターオープン
2015年 平成27年
食品安全マネジメントシステムFSSC2200の認定