フルーツ

果物産地紹介

岡山県産 ぶどう

岡山県のぶどうは明治初期に導入され、栽培が始まりました。特に乾燥地帯を好むヨーロッパ種は、日本の高温多湿でさらに梅雨のある風土に合わず、栽培はかなり難航したそうです。試行錯誤の末、当時まだ高価であったガラスで作られた温室を考案し、エジプトが原産とされる「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の栽培に成功しました。その後、並々ならぬ努力を続けた結果、現在の岡山の温室栽培の高い技術が確立されました。今ではその高い技術力を活かして栽培された、種なしで皮ごと食べられる甘さたっぷりの「シャインマスカット」や、大粒で強い甘みの「オーロラブラック」、秋から冬の時期に収穫されるワインレッドの粒が美しい「紫苑」などが、注目されています。ぶどうの圃場では、美しい房に仕上げるため最後に「玉直し」という作業が行われます。粒を傷つけずに房を美しく整えるのはかなり難しく、まさに職人技。食味はもちろん、見た目の美しさにまでこだわる研究熱心な生産者の努力と情熱によって栽培された、他では味わえない岡山県産ぶどうの美味しさを、ぜひお楽しみください。

詳しくはこちら

山口県産 秋芳梨

「秋芳梨」の品種は果皮が美しい緑色をした、青梨の「二十世紀」です。明治 年に山口県美祢(みね)市に「二十世紀」の苗木が導入されたのが、栽培の始まりといわれています。美祢市には樹齢80年を超える古木が125本もあり、長寿梨古木樹として登録されています。そして今なお高品質な果実を実らせ、毎年出荷されています。そこには生産者の技術力の高さと、日々の努力が大きく関わっています。昭和47年に設立された秋芳梨生産販売協同組合により、「秋芳梨」としてブランド化され、生産から販売までを統一。特に技術指導部の強化に力を入れ、昭和 年には糖度検査制度を導入し、品質の向上と均一な梨作りを実践しています。「秋芳梨」は1本の枝に実らせる数が制限されており、栄養分が十分行きわたるように管理されています。鮮やかな緑色の果皮も魅力の一つですが、これは二度にもわたる、果実の袋掛けが鍵となっています。まだ小さな幼果に小袋を掛け、さらに大袋を掛けることにより、美しい果皮に仕上がるのです。甘みと酸味のバランスが絶妙な、シャリっとしてみずみずしい爽やかな食感が魅力の「秋芳梨」。新宿高野が取り扱いを始めてから 年経つ今も、ずっと変わらず、高品質な「秋芳梨」が新宿高野に届けられています。

詳しくはこちら

長野県小布施町産 ブラムリー

英国生まれ、信州小布施育ちの青リンゴ “ブラムリー” は日本では珍しい料理用フルーツ。信州・小布施町では、1991年に町興しの一環としてブラムリーリンゴの栽培に着手。その後、今までにない新鮮な味わいが話題となり、愛好家の輪も広がっています。ブラムリーは、英国でクッキングアップルの王様として今でも不動の地位を占めています。一般的に料理用リンゴは日本では馴染みがありませんが、ブラムリーは色々な食材と合わせることでデザートや料理の幅が一段と広がる、今注目の料理用リンゴです。加工に適した爽やかな酸味を持ち、すぐ煮溶けるのが特徴。主な用途としては肉料理に合い、パイ、クランブル、焼きリンゴ、ソースなどバラエティーに富みます。この料理用リンゴという新しい食材の魅力と特性に料理専門家やパティシエ、愛好家などの間でも注目が高まっています。小布施町ではブラムリーを、町の名産品に育てようと様々な取り組みを行っています。

ブラムリーが小布施町で栽培されるようになった発端は、小布施町出身でリンゴ農家の四男に生まれ育った荒井豊(みのる)氏が、故郷のリンゴ農家の衰退に心を痛め、町興しとして、小布施町に栽培の提案をしたことがきっかけです。一方、新宿高野では、三代目社長髙野吉太郎に仕え、社長室長を務めていた天野秀二氏が2003年当時、荒井氏に会い、ブラムリーの可能性について話をお聞きになったようです。そしてその先見性がその後実を結び、新宿高野と小布施町関係者の取り組みにより、2006年の第1回ブラムリーフェアの開催から今年で13年目を迎え、四代目社長髙野吉太郎も小布施町を訪ねるなど市村町長と親交を深め、年々取り組みの幅が広がっています。「料理する果物」というまだ日本では馴染みの薄い分野に早くから着目し、小布施町の多くの関係者と新宿高野により、クッキングフルーツという新しい食文化に光をあてました。フルーツの素晴らしさを広げていく試みがこれからも続きます。

詳しくはこちら

旬のおすすめ

フルーツ取り扱い店舗、またはお電話でのご注文にてお買い求めいただけます。

オンラインショップ取扱商品

新宿高野オンラインショップにてお買い求めいただけます。